PROJECT444 R[アール] 100年後の地球も大切だけど、今隣にいる人を
笑顔にさせるライフスタイルマガジン

R7号特集ページ

食材にさまざまな表情を与えるプロの技
<鮨・創作和食ダイニング 磯で楽>

モノ, 場所

料理はサプライズである。
食べ慣れた食材も組み合わせ次第で、想像を超えるハーモニーを生む。
そんな感動は高級店でなければ出会えない、ということはない。
心が踊る瞬間は、意外と身近にあるものだ。
シェフのアイディアが詰まった、ちょっと感動的な料理を求めて、
<鮨・創作和食ダイニング 磯で楽>を訪れた。

料理人の閃きと素材の新鮮さに脱帽

<鮨・創作和食ダイニング 磯で楽>は鮮魚料理がウリである。

今日の目的は、初夏に旬を迎える『鰹のたたき』だ。
久しぶりに訪れた店内は父の日だった事もあり、多くの家族連れで賑わっていた。

「いらっしゃいませー」
聞き覚えのある愛想の良い声に気持ちが和む。
数ヶ月ぶりの来店だったが、常連客のように親しげで嬉しくなった。

席に通されてから数分後、お目当の『鰹のたたき』が運ばれてきた。

料理人の閃きと素材の新鮮さに脱帽
今が旬のカツオをたたき、本日のお目当の品である。

生姜・にんにく・オニオンスライスなど、5種類の薬味が添えられさまざまな味が愉しめる。
料理人の心遣いを感じた。

早速、肉厚な切り身に手を伸ばし『おろし生姜』を添えて頬張った。
口に広がる燻した風味と、脂の旨味をキリッと引き締める生姜の爽やかな刺激…
やっぱ、美味しいなぁ

余韻に浸りながら二枚目に手を伸ばすと、ある薬味の事が気になった。
『もみじおろし』である。
もみじおろしと言えば、てっさや鍋物の薬味…あと牡蠣ポン酢に添えられる脇役…
でも香り(悪く言えば臭み)の強い食材にも合うのか?

少し不安になりながら、口に運ぶと…
鰹の燻された香りが生姜以上に冴え、魚の旨味と辛味もより強く感じるっ!
おぉ、これもアリだ!
きっと鰹が新鮮だからこその美味しさなんだろう。
鰹の新しい愉しみ方を覚えた瞬間だった。

辛味があるから、甘みが増す!?苦手な食材も好物になる料理のチカラ

再びお品書きに目をやると、見慣れない料理に目がとまった。

『葉生姜の天麩羅』

葉生姜は苦手…そもそも葉生姜は味噌を付けて食べるものでしょ?

辛味があるから、甘みが増す!?苦手な食材も好物になる料理のチカラ
葉生姜の食べ方って言ったら、このイメージである。

そう思い込んでいた私は、とても興味をそそられた。
好奇心を抑えきれず、ギャンブルのようにオーダー。

辛味があるから、甘みが増す!?苦手な食材も好物になる料理のチカラ
葉生姜の天麩羅は抹茶塩で。

程なくして軽やかな衣を纏ったは葉生姜が運ばれてた。
我慢できず揚げたて熱々を一口…

サクッ

おぉ、軽い食感の衣からホクホクした生姜、
すっきりとした甘みと辛味が口いっぱいに広がる…

あぁ、美味しい!好きかも!

葉生姜って揚げ物にすると、特に甘みが際立つのか。
これもまた発見ある!
苦手な食材も、調理一つで絶品料理に生まれ変わる、
これも料理のなせる技である。

肴の傍にお酒がない…

帰りの身支度、この日は特に後ろ髪を引かれていた。
今日は運転を理由にお酒を口にしていなかったからである。

あー……呑みたかった…

このお店には多くの種類の日本酒や焼酎のボトルが並べられている。
次は必ず『肴』と『お酒』を愉しみたいと心に決めて、店を後にした。

<磯で楽>の料理には、食材と料理人の思いを感じられる料理が多くある。
驚きのアイディアが詰まった料理が生み出されるのは、
食材ひとつひとつと、真剣に向き合っているからだろう。

割烹料亭は敷居が高いが、たまにはちょっと特別な美味しい料理が食べたい。
子供がいても気兼ねなく食事が楽しめて、価格も手頃な「ちょうどいいお店」に行きたい。
そんな方は、ぜひ<磯で楽>に一度訪れてみては。

以下は、この日にいただいた料理の一部をご紹介する。

お出汁が口いっぱいに広がる黄金色の出汁巻たまご
お出汁が口いっぱいに広がる、黄金色の出汁巻たまご
ホワイトソースの中に大きな豆腐が入ったグラタン
ホワイトソースの中に大きな豆腐が入ったグラタン
脂を堪能したい方におすすめ!サーモンのカマ塩焼
脂を堪能したい方におすすめ!サーモンのカマ塩焼

鮨・創作和食ダイニング 磯で楽

浜松市東区西ヶ崎町1475-1

TEL : 053-434-7003

https://isoderaku.gorp.jp

営業時間

ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
金・土 17:00~24:00(L.O.23:00)

 

R's Instagram

    top