PROJECT444 R[アール] 100年後の地球も大切だけど、今隣にいる人を
笑顔にさせるライフスタイルマガジン

R8号特集ページ

暑くなってきたので、フラッとおいしい蕎麦でも…

場所

梅雨も終わり、夏の勢いがどっと押し寄せる今日この頃。
オジさんになると、ツルッと冷たくて喉ごしの良い蕎麦食べたくなります。
市内にも、おいしい蕎麦屋さんはたくさんあるのですが、せっかく休日に行くのなら
ロケーションの良い場所で食べたいと思い、フラリと山の中にある蕎麦屋に行ってきました。

暑いな〜。暑いのもキツイけど、蒸し蒸しする湿気がイヤだな〜。
と年齢を重ねるごとに夏に対する憎しみが増していく40代の編集長です。

暑いときは、がっつりスタミナがある食べ物を!なんて思っていましたが、
最近ではすっかりスルスルと食べれる物を好んでおります。

どうせだったら、おいしい蕎麦を食べに行きたい!
どうせだったら、見晴らしの良い場所で食べたい!
どうせだったら、小一時間くらいで行ける場所にしたい!
などなど、色々な欲が出てきたので、グーグルマップとにらめっこした結果、
〈そば処 茶禅一〉さんが良さそうだなと思い、バイクにまたがるのでした。

そば処 茶禅一 外観

浜松市内を北へ向かい、まだまだ完成までかかりそうな「三遠南信道路」を走り、
国道151号線、少し、いや、なかなかの山道の県道74号線沿いにある〈そば処 茶禅一〉さん。

お店の雰囲気は、上記の写真の通り、趣のある日本家屋。
到着したのは、11時30分前でしたが、もう多くのお客さんがいらしてました。
実は、こちらのお店、ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版に掲載されたらしく、
より人気が高まったらしいです。

名前を書いて、向かいの建物へ。そこは、元々は向かいに建つおもてや園というお茶屋で、
自家製の煎茶または紅茶を楽しめます。
また、作家さんの作品を手に取れるギャラリーもあるので、待ち時間も気になりません。

いよいよお待ちかねの蕎麦とご対面!!
十割そばと茶そばに日替わりご飯、一品料理、ゴマ豆腐、漬け物、抹茶餡の大福餅、
ほうじ茶の付いた雲上セットをいただきました。

茶そばは、塩で食べると口の中にお茶の風味が広がります!
十割そばもツユとの相性バツグンでツルツルと口の中へ。
天然の湧き水を使用しているらしく、本当に透き通る美味しさでした!

さらになんと、ここでは一年中かき氷が食べられるらしく、
これからの季節には最高のデザートです。

温度管理にこだわったフワッフワのかき氷で、
口いっぱいに食べても頭がキーンとなりません!(個人の感想です 笑)

今回は、季節限定の「梅」をいただきました。
この梅も、素材から自家製のソースらしく、酸味の効いた爽やかな味でした。

かき氷は、蕎麦をいただく場所ではなく、向かいに建つ
おもてや園さんでいただくのがオススメです。
そこのテラス席から雄大な景色を見ながら、涼を感じられます。

今回は、食事の時間と往復の移動時間を合わせて、
たった3時間強でしたが、
オトナになった自分を感じられる旅でした。

ミドリカワ

この記事を書いた人

痛む膝関節

オッスオラ編集長! 画像はタヌキだけど好きな動物はウマです。

R's Instagram

    top