PROJECT444 R[アール] 100年後の地球も大切だけど、今隣にいる人を
笑顔にさせるライフスタイルマガジン

R8号特集ページ

山奥で夏の涼を感じに【遠州三山風鈴祭り】

コト, モノ, 場所

R8号にも載っていた遠州三山の風鈴祭りに行ってまいりました!山奥に響く風鈴に涼を感じながら、ひんやりお寺スイーツ、呪いのお化け屋敷など、夏を感じられるイベントを存分に楽しんできました。

2週連続のまっつんです、今週もよろしくお願いします

ところで…皆さんはR8号をお手にとっていただけたでしょうか?というのも今回のRにも載っていた遠州三山で現在開催されている「風鈴祭り」

プレゼント応募欄の「良かった記事」にも、その記事について多くご評価をいただき、とても嬉しい心境です😇

また、風鈴祭りの開催期間は今年2019年は5月18日から8月31日までで、残りあと1ヶ月をきっておりまして

自分も記事に関わっていた一人として、取材以外でプライベートで行きたいな〜と思っておりましたところ

前回の記事で家から出たくないなどとのたまっていましたが)

なんと行く機会ができたので、行ってまいりました!

軽くではありますが、このレポを皆さんのお盆の計画に少しでもお役立てできればと思い、今回お届けさせていただきます

画像が多いですがご了承ください

あの音を聴きに

ルートとしてはJR東海道線で愛野駅まで行き、あとはタクシーという方法で<法多山>へ行きました

タクシー代は大体1200円ほど

もちろん三山なので<萬松山の可睡斎>、<医王山の油山寺>でも開催されているのですが、各寺が車で行かないといけないぐらいには距離が離れているので、歩きではきついかもと今回はやめておきました

さて、駅からタクシーで約10分程度で<法多山>に到着

入り口どこかなーと歩いていくと、道順こっちやでと言わんばかりにお店が道沿いに並んでいて

案外分かりやすい

小学生の頃、こんなの買ったことあるみたいなラインナップが…懐かしい!

なぞなぞブックのキーホルダーとか、白いキツネだかなんだかよくわからない生き物のキーホルダーとか、勾玉とか

ランドセルの横につけて、下校時になぞなぞの出し合いっこみたいなことしてたなあ、と

あの日の思い出が浮かびます

<名の通りレトロなパチンコ屋さん>

<名の通りレトロなパチンコ屋さん>

雑貨屋だけでなく、和食のご飯処も多く立ち並んでいました

もちろん、この通りに<ごりやくカフェ>が

定番のマドレーヌ、こだわりコーヒー以外にも

甘酒をフローズンしたひんやり「氷室さまの氷甘酒」も販売していて、今の時期のオススメです

(「氷室さま」は境内にある‘‘氷を貯蔵する氷室を神格化した氷室明神を祀る氷室神社’’から来てるのかも)

<写真:法多山のHPより>

<写真:法多山のHPより「ごりやくカフェ」>

<写真:法多山のHPより>

<写真:法多山のHPより「氷室さまの氷甘酒」>

更に進んでいくと境内の入り口、国指定重要文化財の仁王門がドドン

そこをくぐれば本堂までの道を大きな木々が日陰を作り、なんとも涼しく通りやすい道になっています

<夏場だと余計にキツく感じる階段…>

<夏場だと余計にキツく感じる階段…>

ただ本堂前の階段は夏場にはキツいかも……でも同じ静岡地区の某1159段の階段と比べれば全然余裕です

階段途中の踊り場にも風鈴が

リンリンとした音に引き寄せられていくつか写真を撮りました

これをくぐり、更に階段を登れば本堂が見えてきます

<法多山の本堂>

<法多山の本堂>

<右手には諸尊堂 北谷寺>

<右手には諸尊堂 北谷寺>

右手にある北谷寺にも風鈴が連なって飾られています(左手は大師堂といい、弘法大師を祀ってあります)

中は吹きさらしで風がよく通るため、ここもすごく涼しい

<爽やかな寒色系の風鈴>

<爽やかな寒色系の風鈴>

本堂でお参りしてから風鈴を見ます

<お賽銭箱の両端がすごく気になる>

<お賽銭箱の両端がすごく気になる>

私事ですがお賽銭を入れるときに何円玉を入れるかというと、自分はいつも五円玉を入れてます

ご縁がありますようにと掛けて入れるんですが、五円玉を持ち合わせてないときが多々あります

お金の落ちる音が呼び鈴みたいなものなので、いくらでもいいらしいですが…

<世界平和と書いてある願いもありました>

<世界平和と書いてあるお願いもありました>

賽銭箱のある空間を挟むようにして両脇に広がる風鈴の廊下

短冊のような小さな板がついた風鈴が、祭りの期間だけに奉納することができる「願懸け風鈴」です

チリンチリンと鳴る音とともに、軽やかに風に舞う木製の短冊は

見ているだけで涼やかな気持ちにさせてくれます

暑い道中のお供に、夏限定のお寺スイーツ

さて、一通り音色を堪能しましたが、風鈴もさることながらここはスイーツも人気です

定番の厄除け団子と、袋井産の抹茶を使用したかき氷を組み合わせた夏季限定の「厄除氷」

厄除け団子の冷えた白玉のようなもっちり感と、袋井産の抹茶の使った、一杯500円(+50円でミルク付き)のボリューミーなかき氷

げんこつ三つ分ぐらいの高さがあるんじゃないでしょうか

<下にも蜜が忍ばせてあるという親切さ>

<下にも蜜が忍ばせてあるという親切さ>

厄除氷は、団子券交換所とは反対側の外で販売してますが、ちょっと場所が分かりづらいので注意

中でももちろん食べられますし、お茶(お茶も袋井産でおいしいです)やお水も無料で飲めます

追加でお団子も頼めたはず

<顔ハメもありますが通行人にめちゃくちゃ見られます>

<顔ハメもありますが通行人にめちゃくちゃ見られます>

骨の芯までひんやりと、お化け屋敷呪いの契り帯!

今年はお化け屋敷もイベントとしてやっているらしく

特設サイトもありました→法多山お化け屋敷「呪いの契り帯」

基本的に土日、お盆は連日やっているらしく

口コミもちらほら見た限りでは臨場感がすごいとか、匂いがリアルなどなど

ストーリー仕立てで、自分たちは寝ずの番をしなければならないのらしいですが

お化け屋敷というか謎解きホラー脱出ゲームっぽいです

<看板の後方にある家の中でやるらしいので、すごい広いわけじゃないっぽい>

<看板の後方にある家の中でやるらしいので、すごい広いわけじゃないっぽい>

7人1組で、おひとり様1000円、受付は12:00からの当日券のみ

おそらく12:00から受付が始まり、14:00には始まりグループが順々に家に入っていくシステムのよう(多分)

21:00が最終で、約15分間の体験なので、そこそこの人数が体験できそうではあるようですが…

しかし時間はすでに15時頃だったので、ですよね〜な展開が目に見えていましたが、やっぱりちょっと残念

行けた方はぜひ感想お聞かせください…

ちなみに、この会場の近くに二葉神社(本堂の近くにあります)があり

願いごと成就を祈願して色とりどりの「結縁乃帯(けちえんのおび)」を結びつける習わしがあるのですが…

<この奥に帯をくくる場所とお賽銭箱があります>

<この奥に帯をくくる場所とお賽銭箱があります>

<写真:法多山のHPより「結縁乃帯」>

<写真:法多山のHPより「結縁乃帯」>

お化け屋敷の背景を知ってから、この近くにこの神社があると思うと…なんだか切ないような…

夏以外にも…

法多山の風鈴祭りに行けた人も行けれなかった人も、これから行く予定の人も

ここでは風鈴祭り以外にも多くイベントを行っています

9月下旬には「星満夜」という美しい星を眺めながらの出店での飲食、ワークショップを楽しめたり

11月には境内の紅葉が楽しめるだけでなく

おいしい団子が一同に集まり、様々な催し物やご当地のおいしいものが食べられる「団子祭り」もあります

年間を通してイベントを行い、新しいイベントも時折追加されたりと

四季折々の景色を楽しむだけでなく、家族や友人と楽しめるスポットになっています

ぜひ皆さんも法多山を訪れてみてください⛰

<写真:法多山のHPより「星満夜」>

<写真:法多山のHPより「星満夜」>

厄除観音 法多山 尊永寺

〒437-0032

静岡県袋井市豊沢2777

tel:0538-43-3601

E-mail:soneiji@hattasan.or.jp

http://www.hattasan.or.jp

maamin

この記事を書いた人

まっつん

抹茶以外のフレーバーに浮気しない系新人アシ。特技は夜更かし。

R's Instagram

    top