PROJECT444 R[アール] 100年後の地球も大切だけど、今隣にいる人を
笑顔にさせるライフスタイルマガジン

R7号特集ページ

R食堂! お茶を喰らうシリーズ~第1回「 茶畑ライス編」~

コト, モノ クッキング

新企画 R食堂! お茶を喰らうシリーズ
R7号で取り上げた〈白形傳四郎商店〉の「茶ノ実油」と
〈おいしい日本茶研究所〉の「日本茶ノ米」「日本茶ノ生餡」を使い、
R編集部がさまざまな料理にチャレンジする企画。
第1弾として茶畑ライスをお届けします!

 

茶畑ライス?
聞き馴染みのない料理名だけど、〈おいしい日本茶研究所〉の「日本茶ノ米 焙じ茶」「日本茶ノ生餡 しずおか茶」を使ったオムライス。
作り方も特別なことは、なんにもしてません(笑)

まずは「日本茶ノ米 焙じ茶」を炊飯器に入れてお米を炊く。
2合入りの無洗米なので、そのまま炊飯器に入れてボタンを押すだけ。ラクチンです。
炊きあがるまでに、タマネギを刻んでベーコンと一緒に「茶ノ実油」で炒めます。

今回は1合分のお米を使うので、卵3つに生クリーム適量と「しずおか緑茶」をスプーン3杯。
よくかき混ぜて準備完了。

お米が炊けたら、バターでタマネギ&ベーコンと一緒に炒めます。
お皿に盛り付けて、卵を薄く焼いてライスにのせれば完成です!

どうです!
焙じ茶米のバターライスが、茶の木を現し、緑茶の卵焼きが新緑の茶葉に見えませんか?
見えますよね? 見えるでしょ!
上にかかっているホワイトソースは、う〜〜〜ん、あっ雲ですね。
そう! まさに静岡の代表的な風景である茶畑ライスです!

味の方は、バターの風味と炒めたことでさらに香ばしくなった焙じ茶ライスと
フワフワで後味に少し緑茶の風味を感じる卵焼きがベストマッチ!

簡単に静岡らしい一品が作れるので、みなさんもお試しください!

R食堂は次回も水曜日に更新します!
お楽しみに!

おいしい日本茶研究所

静岡県沼津市大諏訪556(株式会社 茶通停)

TEL:055-925-0141 (月~土 9:00~17:00)

http://oitea-lab.shop/

白形傳四郎商店

静岡県静岡市葵区神明町96-1

TEL:0120-17-1046 FAX:0120-27-1046

http://www.chanomi.jp/

ミドリカワ

この記事を書いた人

痛む膝関節

オッスオラ編集長! 画像はタヌキだけど好きな動物はウマです。

R's Instagram

    top