PROJECT444 R[アール] 100年後の地球も大切だけど、今隣にいる人を
笑顔にさせるライフスタイルマガジン

R7号特集ページ

R食堂!お茶を喰らうシリーズ〜第6回「おつまみ編」〜

コト クッキング

R食堂!お茶を喰らうシリーズ第6弾。今回は『日本茶ノ生餡』『茶ノ実油』を使った、お酒のお供にピッタリなおつまみ2品をご紹介していきます!

ビールと頂きたい、「あさりの茶酒蒸し」

一品目は、『日本茶ノ生餡 緑茶』を使った「あさりの酒蒸し」。

普段の作り方と特に変わることはなく、蒸す前に『日本茶ノ生餡』大さじ一さじを混ぜ合わせておくだけで出来上がります。

緑茶色に染まったあさり達。

緑茶とあさりが合うの?なんてドキドキしながら実食しましたが、そんな心配は食べた瞬間消えてなくなりました。なんと、緑茶餡を使用することで、蒸しあがり後のあさりの臭みがなくなり、さっぱりとした後味を楽しむことができるのです。

まさに、あさりなだけにあっさりとした後味。

お酒のおつまみにもピッタリな一品です。

仕事中だというのにビールが飲みたくなってしまいました←

ワインのお供に、「お茶のガーリックトースト」

二品目は、『日本茶ノ生餡 緑茶』『日本茶ノ生餡 焙じ茶』『茶ノ実油』を使ったガーリックトーストです。

『茶ノ実油』にすりおろしにんにくを混ぜて電子レンジで温めます。これを二つ作り、もう一つの方に緑茶の生餡を加えます。

これを前もって準備しておいたバゲットにぬりぬり。焙じ茶の生餡はそのままの状態で塗り、上にバターを乗せます。

三つ並べてオーブンで焼きます。焼くことほんの数分。

なんとまあ…!にんにくのいい香りがしてきました!

オーブンを開けてみるとこんがり焼けたバゲット達。これはうまいに違いありませんね!

左から緑茶餡、焙じ茶餡、茶ノ実油です。

まずは『茶ノ実油』だけ塗った熱々のバゲット(右)を一口。

香りはにんにくが強いけれど、味はほんのりとお茶の苦みがあります。でもしかし、この苦みが驚くほどにんにくにマッチしております!サクサク食感もたまりません。

続いて焙じ茶のバゲット(真ん中)。バターがいい感じに溶けて餡と混ざっています(※焦げているわけではありません)。

焙じ茶餡は他と比べて結構味が濃いイメージだったのですが、バターと組み合わせることで味がマイルドになり、より食べやすい味に変化してました。うーん、大人な味です!

最後に緑茶餡のバゲット(左)。

こちらはお茶の香りが強いですが、爽やかな緑茶の香りがにんにくを出しすぎず、かつ味も茶ノ実油とバランスよく合わさって最高です!グー!

どれも美味しくできたのですが、お家で作る際はお酒を準備しておくのをオススメします。コレすごいお酒飲みたくなりますよ!

というわけで、今回はお茶を喰らうシリーズ「おつまみ編」をご紹介させていただきました。まさに塗るだけ、入れるだけといった簡単レシピ(?)でしたが、いかがでしたか?

どれも美味しい一品ですので、是非みなさんも試してみてくださいね!

次回もお楽しみに!

おいしい日本茶研究所

静岡県沼津市大諏訪556(株式会社 茶通停)

TEL:055-925-0141 (月~土 9:00~17:00)

http://oitea-lab.shop/

白形傳四郎商店

静岡県静岡市葵区神明町96-1

TEL:0120-17-1046 FAX:0120-27-1046

http://www.chanomi.jp/

ina

この記事を書いた人

よってぃ

唐揚げとお布団が大好きなインドア系の新人。特技はうさぎのブラッシング。

R's Instagram

    top